任意整理の特徴や知識

債務整理の方法には幾つかの種類があって、その中でも「任意整理」は裁判所を通さずに行える最も軽い方法だと言えると思います。

任意整理は借金を見直す事から始まります。
まずは債権者に借金の取引についての全ての資料を提出してもらう所から始まります。
これについては個人でできる事でもありますが、基本的に債権者はプロであり、そして借金を最初の契約通り返済してほしいのですから、素人では中々相手にしてくれない事もあります。

こういった時は、やはり法律の専門家に依頼する事がベストだと思います。
この場合の専門家とは、弁護士や司法書士のことを指し、彼らを代理人として交渉に当たってもらうのです。
どんな交渉をするのかと言えば、先に取り寄せた借金に関する資料を調査し、利息制限法に基づいて払い過ぎている利息分を取り除いて、借金の引き直し計算をするのです。

この引き直し計算をすることで当然借金の総額は減額されます。
そしてその減額された借金を、今後どのように返済していくかまでを決めて契約する事までをしてもらう事ができます。

This entry was posted in 任意整理の特徴. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります