債務整理を利用する欠点とは

借金の減額で返済計画の立直し、または借金の免債などができる債務整理ですが、これにはどんな欠点があるのでしょうか。
当然自分で借りた借金を整理するのですから、何のリスクも無いとは言えません。
これをするからには、今後借金をすることは一切できませんし、様々な制約も出てきます。

まずは、所謂「ブラックリスト」というものに載り、これに載っている間はクレジットカードを作る事ができません。
自己破産の場合は、所有している財産を全て処分しなければなりません。
これは、財産が多い人ほどデメリットになります。
もちろん、財産をすべて処分するのですから、クレジットカードやローンを作ることも出来ませんが、ブラックリストには5年から7年の掲載期間があるので、それを過ぎれば作ることが可能です。

個人再生の場合は、官報に氏名等が掲載されてしまう事です。
官報とは、法律や条約など国が扱う国民への広報紙のことで、一般の人が自由に見られる新聞の様なものです。
また、保証人が付いてる借金については、保証人宛てに借金の請求が行われてしまいます。

特定調停の場合は、クレジットカードやローンが組めないことがデメリットでしょう。
また、特定調停では債務者と債権者の間に調停員が入るため、場合によっては承諾されないケースがあります。

任意整理のデメリットは、裁判所が間に入らないので当事者同士の交渉になる点です。
法律の知識がないと、なかなか承諾してもらえないケースがあります。
この場合は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼するのが良いでしょう。

This entry was posted in 債務整理の特徴. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります